ECサイト構築サービス

ECサイトについて理解する

Category: 未分類

ECサイトの方式2

カスタマイズが必要な中規模、大規模ECサイトの構築によく使われているのパッケージ方式です、ある程度作り込まれたフレームワークを利用し、ECサイトを構築したものを指します。必要な機能があらかじめ用意されているソフトウェアがもとになっているため、ゼロベースからの開発と異なり、コスト面で節約ができます。また、ゼロベースではないにしても、カスタマイズは比較的に自由ですし、ECサイト構築の基本機能がはじめから備わっているため、無駄なく、短期間でサイト構築を行うことが可能です。ただ、インフラやサーバー環境の用意は必要ですし、バージョンアップに費用がかかると言いた点はデメリットと言えるかもしれません。

パッケージ方式でも自由度や拡張性は高いのですが、完全に0からのECサイト構築を目指す場合、フルスクラッチという方式が用いられます。フルスクラッチ方式では、システムやソフトウェアの開発において既存のフレームワーク、仕組みを一切使わず、すべて0から構築していくため、制限無くカスタマイズが可能で、案件ごとの対応や、自社の既存システムと連携などの点で一番自由度が高い方式と言えます。しかし、莫大なコスト、そして時間がかかってしまうことがデメリットと言えます。

ECサイトの方式1

ネットショップを開業するにあたり、代表的な方式と言えるのが、ASP、オープンソース、パッケージ、フルスクラッチです。全てのサイト作りにおいて管理、設計したいという場合や、ほとんどのECサイト作りにおいて既存のプラットフォームを使いたい、ある程度お任せしたい場合など、どのような意図でECサイトを作成するかによって選ぶ方式が変わります。

ASPとはApplication Service Providerの略で、業務用のアプリケーションソフトをサービスとしてネットワーク上で提供すること、またはその事業者のことを指します。ASP方式でECサイトを作る場合、利用者は普段使っているWEBブラウザからアクセス、利用することが可能で、ソフトウェアやサーバーの管理をすることなく、気軽に利用することができます。自身でアップデートなどの管理をしなくても、常に最新の状態で利用できるので便利です。初期費用を安く始められますし、ECサイトに関する知識などがあまり豊富でなくても気軽に取り組めるのがメリットと言えそうです。デメリットとしては、機能や容量の面で制限があることが多いこと、状況が変わった際などに思った通りにカスタマイズすることが難しいということ、ASP事業者が運営を停止してしまった場合サイトの継続が難しいということなどがあります。

ASPよりももっと自由度の高い方式としてはオープンソースが挙げられます。オープンソースとは誰でも無償で利用できる、改変可能なソースコードのことで、ECサイトに関してある程度知識を持っていて、より自由にサイトをカスタマイズしていきたいという方、事業者に選ばれる方式と言えます。

ECサイトとは

ECサイトとは一般的にEコマースのサービスを提供するWEBサイトのことを言います。Eコマースはインターネットを通じてモノ、サービスなどを売買することを言うので、基本的にECサイトはインターネット上にあるモノ、サービスの販売サイトのことを指します。

ECサイトの種類は大きく分けて2種類あり、モール型と言われるものと、自社サイト型と言われるものがあります。モール型はその名の通り、私達が日常で実際によく行くショッピングモールをイメージしてもらうとわかりやすいでしょう。インターネット上にあるショッピングモールといった感じで、取り扱う商品も多く、大手企業が運営しているケースが多いです。ショップのひな形や管理システムがあらかじめ用意されているタイプなので、出展者は0からサイトを構築する必要が無く、ECサイト構築に関する知識が少なくても初めやすいタイプと言えます。自社サイト型とは基本的に自分でECサイトを構築することを指します。全く何も無いところから自分でサイトを立ち上げるといった場合や一部、ECサイト構築サービスを利用する場合などさまざまですが、モール型に比べて自由度が高いタイプと言えます。自由度が高い一方で、セキュリティや決済のシステムを自分で管理しなければならないという側面があります。

ECサイト構築

インターネットショッピングを利用して便利に買い物をする人が増えています。昔なら郊外にすむ人は都会に住む人に比べて買い物するにしてもとても不便でした。最新の家電を購入するためにわざわざ電車で何時間もかけて都会に出かけるといったようなことも珍しくなかったようです。最近ではインターネットサイトを開ける環境であればどこにいても同じ条件でショッピングを楽しむことができます。このようにショッピングのあり方が変わってきたため、顧客のニーズや、ビジネスの手法も同じく変化したと言えます。

ネットショッピングなどのEコマース分野の盛り上がりとともに、ご自身でもECサイトを運営しようと考えている方も増えているようです。ECサイトとはインターネットを通じたモノやサービスを売買するサイトのことを指します。ECサイト構築は一見難しそうではありますが、半分正解で半分不正解であると言えます。なぜならECサイトの構築にも種類があり、確かに0からサイトの構築を行うことは莫大なコスト、時間を要しますし、知識も必要です。しかし、自身のビジネスにちょっと取り入れたいといった場合やカスタマイズの必要がほとんど必要なく提供されているサービスで充分であるといった場合には簡単にECサイトを作ることができるのです。

ASP、オープンソース、パッケージ、フルスクラッチといった代表的な開業方式を知り、ご自身の状況にあったもの選び、新しいビジネスチャンスをつかむ人が増えています。当サイトではこれからECサイトの構築を考えている方、ECサイトに興味があるといった方に役立つ情報をお伝え致します。お役立て下さい。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén