Pocket

ネットショップを開業するにあたり、代表的な方式と言えるのが、ASP、オープンソース、パッケージ、フルスクラッチです。全てのサイト作りにおいて管理、設計したいという場合や、ほとんどのECサイト作りにおいて既存のプラットフォームを使いたい、ある程度お任せしたい場合など、どのような意図でECサイトを作成するかによって選ぶ方式が変わります。

ASPとはApplication Service Providerの略で、業務用のアプリケーションソフトをサービスとしてネットワーク上で提供すること、またはその事業者のことを指します。ASP方式でECサイトを作る場合、利用者は普段使っているWEBブラウザからアクセス、利用することが可能で、ソフトウェアやサーバーの管理をすることなく、気軽に利用することができます。自身でアップデートなどの管理をしなくても、常に最新の状態で利用できるので便利です。初期費用を安く始められますし、ECサイトに関する知識などがあまり豊富でなくても気軽に取り組めるのがメリットと言えそうです。デメリットとしては、機能や容量の面で制限があることが多いこと、状況が変わった際などに思った通りにカスタマイズすることが難しいということ、ASP事業者が運営を停止してしまった場合サイトの継続が難しいということなどがあります。

ASPよりももっと自由度の高い方式としてはオープンソースが挙げられます。オープンソースとは誰でも無償で利用できる、改変可能なソースコードのことで、ECサイトに関してある程度知識を持っていて、より自由にサイトをカスタマイズしていきたいという方、事業者に選ばれる方式と言えます。

Pocket